ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

免疫機能のサイクル

人間の体には、生まれながらにして免疫機能が備えられています。
免疫力 高める
その免疫機能を大きく分けると…
・感染防御免疫
・自然免疫(非特異免疫)
・獲得免疫(特異免疫)
  −体液性免疫
  −細胞性免疫

以上のような構成になっています。

人間の持つ免疫機能は、外部からの攻撃に対して自動的に防御機能を働かせるというものですが、外部の攻撃といえば…


ウイルスやバイ菌ですね。

鼻や口からのウイルス侵入や、怪我をした場所からバイ菌が入り込んだ場合には自動的に感染防御免疫が働きます。

ではここで、それぞれの免疫機能がどのようにして働いてくれているのかを簡単に説明してみましょう。

まずウイルスやバイ菌など外部からの侵入に対する防御機能として、感染防御免疫が働きます。

この時点で、ウイルスやバイ菌を壊滅させることができれば問題ありません。

しかし、感染防御免疫が突破されてしまったらどうなるのでしょうか?

次に外敵に立ちはだかるのが自然免疫(非特異免疫)です。

更に強力なウイルスで、この自然免疫(非特異免疫)を突破してしまったら?

直接ウイルスなどの外敵に触れることで指令が出て攻撃する獲得免疫(特異免疫)機能が働きます。

この獲得免疫(特異免疫)機能は体液性免疫と細胞性免疫から構成されています。

このように私達の持つ免疫機能は、外部からの侵入者に対し、また強力な侵入者に対応するために各免疫機能が活躍するというわけです。

例えば…
体調が悪い場合など免疫力が低下するといわれますが、この状態の時にウイルスなどに攻撃されると、普段なら防御できるものが重い病気にかかってしまったりするということになります。

健康を維持するということは、免疫力を維持するということにも繋がるわけですね。