ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

ビフィズス菌で腸内免疫力アップ

免疫力 高める

ビフィズス菌は善玉菌の一種で、腸内免疫を活性する代表格。

特徴は、有害な菌に対する抑制効果、腸による消化と運動を応援する整腸作用を持っているのと同時に、抗がん作用や抗アレルギー作用も持つといわれています。

善玉・悪玉菌とよく耳にしますが、実際にどのようなものか?という部分を見てみましょう。



まず人間の大腸には500を超える種類、そして百兆個に及ぶ腸内細菌が存在しています。

これだけ多いと、体に良い作用を持つ菌や、悪い作用を持つ菌がいて当たり前ですよね。

これらをわかりやすく判別するために、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という名称で呼んでいます。

冒頭にあるようにビフィズス菌は善玉菌の中でも代表格で、生まれて間もない赤ちゃんの腸内には約90%以上を占めています。

母乳で育った乳児ほど、この傾向が強いということから、母乳にビフィズス菌の増殖因子があるということがわかっています。

これが、成長と共に、悪玉・日和見菌が増殖して、成人になる頃には善玉菌は約10%〜20%くらいに減少していきます。

更に年を重ねると共に、善玉菌の割合が減少し腸内免疫が悪くなっていきます。

善玉菌によって腸内免疫力がキープできる仕組みを簡単に解説すると…

善玉菌増殖

 ↓

悪玉菌減少

 ↓

悪玉菌より発生する有害物質を抑制

 ↓

腸内環境改善

 ↓

肝臓による解毒作用を補助

このような流れにより免疫力がアップするわけですが、他にも善玉菌による有機酸が鉄分などの吸収を促してくれるのと同時に、常に腸内を酸性に保つことで、病原菌に対する免疫力が高まります。