ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

腸を動かす運動で免疫力を高める

腸で免疫力をアップできるという仕組みについては、「整腸で免疫力を高めよう 」に書いたとおりです。

腸というのは、最大の免疫臓器といわれることからも、腸を正常に保つことは抵抗力のある体を作るうえで最低条件といえます。

今回は、日常でできる“腸の働きを活発化するための簡単な運動”を紹介したいと思います。
 
免疫力 高める
まず最初に…
便秘に悩んでおられる方は多いことでしょう。
特に女性。

実は便秘と腹筋には関係があるのですが、腹筋=筋肉というと女性は男性よりも筋肉が少ないといわれていますよね。

ですので、女性には自然と腹筋の弱い人が多いといえます。
これが便秘との直接的な原因とはいえませんが、腹筋が強いにこしたことはありません。
 
 
例えば、胃下垂。

これは腹筋が弱いために胃腸が垂れ下がってしまっている状態を言いますが、この状態では腸が十分に機能しなくなり便秘を起こしやすいといわれています。

便秘解消のために大切なのは、普段からの適度な運動と食生活。

では簡単にできる便秘解消運動で、腹筋を鍛えつつ腸を正常な位置に保てるようにしましょう。

便秘解消運動法:

1.まず仰向けに寝ます。

2.肘を支点にして腰(背中)をシッカリと支えます。

3.足をゆっくりと垂直まで持ち上げます。
 この時、膝はまっすぐに伸ばします。

ある意味逆立ちしているような状態を作ります。
運動会での機械体操でも見かけますよね。

4.次に、同じ体勢でペダルを漕ぐ動作を取り入れます。
 ゆっくり大きく足の指を伸ばすことに意識を集中しましょう。

5.これに腰の捻りを加えてみるのもいいでしょう。

4と5は、ある程度慣れてから挑戦することをオススメします。

このように、普段は下に負荷がかかっている腸を逆にして刺激を与えてあげることで、腸の働きも活発化し腹筋も多少は鍛えられることができます。

是非、挑戦してくださいね。