ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

整腸で免疫力を高めよう

免疫臓器の中でも最大の免疫力を誇るといわれているのが腸内。

その腸内を正常に維持することが、免疫力低下の予防、もしくは免疫力アップに繋がるといわれています。

ここで獲得免疫(特異免疫)の細胞性免疫と液性免疫について見てみましょう。

免疫細胞の一つで、攻撃命令を担っているヘルパーT細胞。

この細胞は、Th1細胞(細胞性免疫)とTh2細胞(液性免疫)の2つがあります。

“免疫力とアレルギー”でも触れいていますが、アレルギー発症にはTh1細胞(細胞性免疫)とTh2細胞(液性免疫)のバランスの崩れが関係しています。

例えば、
Th2細胞(液性免疫)の活性が高くなると…
タンパク質に過剰反応して、アレルギー反応を起こします。

これが花粉症などのアレルギー疾患につながるわけです。

もっとわかりやすいところでは…
免疫力 高める
善玉菌と悪玉菌ですね。

よく腸内を正常に保つためには、善玉菌が優勢になる状態を維持しないといけないといわれていますが、悪玉菌が優勢になるとタンパク質分解時に悪いガスが充満します。

これに便秘が重なると???

肛門からガスや便が出にくくなることで、腸内にガスが充満してしまい血液などに流れ込むことで、色々な病気の原因となってしまいます。
免疫力 高める
  Th1細胞(細胞性免疫)とTh2細胞(液性免疫)のバランス。
  善玉菌と悪玉菌のバランス。

  「整腸」を意識して、これらのバランスを保つことが・・・
  免疫力アップに繋がるということですね!