ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

アロマテラピーで免疫力アップ

免疫力を高めるには、自律神経となる交感神経・副交感神経のバランスが、やや副交感神経優位の状態にするのがいいといわれています。

ストレス社会といわれている現代において、定期的にリラックスできる状態を作ることができるというのは、とても重要といえます。

今回は、毎日の入浴でできる方法として、アロマテラピーで免疫力をアップする方法を紹介したいと思います。

入浴アロマテラピーの方法ですが…

免疫力 高める
半身浴が基本で、湯ぶねにアロマオイルを数滴垂らし、香りの中でリラックスしながら音楽を流しても良し、本を読んでも良し、とにかくリラックスすることが目的です。

お湯の温度ですが、「少しぬるいかな?」と感じるくらいがベスト。
大体40度あれば十分でしょう。

そしてお湯に浸かる時間は15分から30分。

あまり不安になることはありませんが、首まで浸かっている状態というのは、少なからず心臓や肺を圧迫(水圧)している状態なんです。

ですので、長時間に渡って熱すぎるお湯+首まで浸かるというのは、止めておくのが賢明です。

より、リラックスするアイデアとしては…
お風呂場の広さにもよりますが、余裕があればハーブティーなどを傍に置き、お茶を楽しみながらというのもゴージャスですね。

女性の場合には、冷え性に困っておられる方が多いので、血行を良くするのにオススメなのが「ローズ」。

発汗作用もいいのでオススメ!

日常生活におけるリラクゼーションタイムといえば“お風呂”ということで、唯一リラックスできる空間なのですから、徹底的にこだわって免疫力をアップしましょう!