ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

タバコと免疫力低下

タバコと免疫力低下との関係を、ある病例をもとに検証してみたいと思います。

結核を例にしてみましょう。

結核といえば呼吸器に関する病気ですが、他には風邪、インフルエンザ、肺気腫が一般的ですね。

結核は結核菌による細菌感染で、伝染性の病気を起こし、主に肺や胸膜を感染箇所としています。

ただ、稀に他の部位に感染する場合もあるようです。

発症までの課程を見ましょう。

肺の中に菌が侵入して増殖が行われ炎症を起こします。
すると好球菌やマクロファージなど免疫細胞が体を菌から守ろうと戦います。

健康体であり免疫システムがシッカリと機能している場合は、結核菌は活動できなくなり休眠状態になります。

しかし免疫システムの機能が落ちてしまっていると…
免疫機能によって休眠状態になるはずの結核菌が、血液等に入り込み、他の臓器に感染し悪化させます。

次に風邪を見てみましょう。

一般的な風邪のウイルスはライノウイルスといわれ、主に鼻風邪の原因とされるウイルスで、インフルエンザウイルスとは異なっており、100種類以上の型があるといわれています。

tabako4.gif
  喫煙でもヘビースモーカーといわれるくらいタバコを吸っている場合には、
  肺や気管支に関連する機能が落ちてきます。

  こうなるとウイルスに感染しやすい状態になるわけですね。
 
 
このようにタバコを吸うことで免疫力が低下するというのは、喫煙によって、各感染部位周辺の機能・免疫機能が落ちるということを見れば一目瞭然です。

このように禁煙は、病気に対する抵抗力を増し、免疫力アップや肺や気管支周辺の機能も正常化します。
喫煙者の皆様には、是非取組んで欲しいと思います。

「ストレス解消に吸っている」
という声も聞こえてきそうですが、各気管はもちろん、免疫力が低下してしまうなど色々な弊害に繋がるのも事実です。


タバコは免疫力低下の源、
それでもやっぱりやめられない、やめたくない、という方に試してもらいたいのがこちらです。



電子タバコ TaEco(タエコ)
多数のマスコミにも取り上げられ、いきなり話題沸騰にもなっています。