ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

ストレスと便秘の関係

免疫力低下の原因には色々ありますが、特に影響の強いものとしてストレスといわれています。

身体的にも精神的にも、ストレスは音をたてずにジワジワと私達人間を蝕んでいます。

このようにストレスによって、自律神経のバランスが乱れ免疫力が低下していくわけですが、実は…

便秘も非常に深い関わりがあるのです。

蠕動運動というのを知っていますか?
これは排便を促すために行う腸の運動で、この運動により便意をもよおすということです。

免疫力 高める
で、この蠕動運動をコントロールしているのが?
自律神経なんです!

ストレス・便秘が免疫力低下に繋がるというのが見えてきましたね!


『ストレスを受ける ⇒ 自律神経バランスに悪影響を与える ⇒ 腸の機能低下 ⇒ 免疫力の低下』

このような図式が成り立つわけです。

よく環境が変わったら便秘になったりする。
もしくはなりやすいという人がいますが、これは自律神経が関係しています。

交感神経が優位となると…緊張状態。
副交感神経が優位となると…リラックス状態。

緊張状態が続くと、血管収縮・心臓への負担・腸の働きを鈍らせる、このような作用が起こることで、便秘になりやすいということです。

自分では意識しなくても、体がそのように反応してしまうんですよね。

改めて…
『ストレスを受ける ⇒ 自律神経バランスに悪影響を与える ⇒ 腸の機能低下 ⇒ 免疫力の低下』

以上の図式を見てわかるように「ストレス」が最大の敵といえそうです。