ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

冷え性と女性

免疫力低下の原因の一つに“冷え性”があります。

これは女性に多い症状の一つですが、病気というわけではありません。

では、この“冷え性”、なぜ女性だけに多いのでしょうか?
その秘密に迫ってみましょう。
 
免疫力 高める
主な原因の一つに…
女性特有といわれるホルモンバランスの乱れが考えられます。

自律神経の乱れは免疫力低下に関係しているといわれ、その自律神経の乱れの原因となっているものにストレスがありますが、実は女性ホルモンバランスの乱れも自律神経と深い関係があります。

女性には毎月定期的に排卵・生理があり、この時期が女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期といわれます。
 
 
妊娠中や更年期にも女性ホルモンの乱れは大きくなります。

ここで注意すべき点がひとつ。
それは…ホルモンの乱れが起こる時期と、冷えを感じやすい時期が重なっているということです。

また女性なら誰もが憧れるスマートな体型。
そう、ダイエットにも危険が潜んでいます。

無理なダイエットが原因で月経不順に陥ると、ホルモンバランスの崩れから冷え性体質に変わってしまうことも。

低血圧や貧血を起こす体質になる人も少なくありません。

貧血がひどいと…
血液が隅々まで行き渡らずに、冷え性はもちろん、基礎代謝も落ちてしまい免疫力も低下してしまいます。

女性の場合は、ホルモンバランスの崩れる時期が定期的にやってくるので、冷え性に対して常に意識しておくことが大切です。

またホルモンバランスが不安定な時期は、無理をせずにリラックスすることを心がけましょう。