ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

冷え性も免疫力低下の原因?

免疫力低下の原因:ストレスは、どちらかといえば男性に多いといわれています。

特に中間管理職など、人間関係の難しい状況に身を置いている人ほど、会社と部下との間で、日々ストレスを感じながら仕事をしているという人も少なくないようです。

では男性に比べて、女性に多いとされる免疫力低下の原因となるものはあるのでしょうか?

実は、女性に多いものがあります。

それが
免疫力低下の原因
「冷え性」なんです。

一般的に、女性は男性に比べて、ダイエットしにくい体だといいますが、これは男性が筋肉質ということに対して、女性は筋肉よりも脂肪が多いということも関係しています。

筋肉質なほど脂肪が燃焼しやすく、代謝も活発に行われるので効率的に痩せられるということですね。

このように女性は、筋肉に比べて脂肪が多いというのが、痩せにくい体質であるといえます。

またこの女性特有の体質が、冷え性にも関係しているというをご存知でしょうか?

その理由とは?
脂肪の中を通っている血管が細いために、組織全体に血液が運ばれにくい作りになっていることから、常に血行不良を起こしている状態になっているというのが「冷え性」に繋がっています。

長期間に渡り、血行不良が継続することで免疫力と非常に密接な関係を持っている自律神経にも影響を与えています。

血行が悪いと、自立神経を構成する交感神経と副交感神経のうち、交感神経が優位になってしまいます。

これが免疫力低下に繋がる原因です。

特に、女性の場合は「冷え性」は慢性化している人が多いので、常に血行不良の状態になっているといえるので、食事・運動など日常生活を改善しつつ、血行を良好な状態に保つことを心がけたいものですね。