ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

がん細胞の誕生!

免疫力 高める
私達の体の中で、がん細胞はどのように生まれているのかを見てみましょう。

人間は体・健康を維持するための機能として、免疫機能と新陳代謝という大きな働きを持っています。

新陳代謝といえば、発汗作用であったり、皮膚のターンオーバーなどが該当します。


例えば皮膚で言うと…
正常な皮膚は、古い角質がドンドンと表面にたまり、最後は垢となって剥がれ落ち、「新しい細胞・皮膚」として日々生まれ変わっています。

「新しい細胞・皮膚」
これが今回のキーワードです。

一般的に、私達人間の持っている細胞は約60兆あるといわれており、正常であれば毎日約5000億の細胞が死滅する替わりに、「新しい細胞」も同じく約5000億作られています。

これが新陳代謝といわれるものです。

「新しい細胞」

生まれてくる細胞は、人間の持っている遺伝子情報に基づいて忠実に作られているのですが、この細胞が生成されるときに突然変異細胞が作られてしまうことがあります。

この“突然変異細胞”が、私達の恐れる「がん」の元である「がん細胞」というものです。

実は、新しい細胞約5000億個のうち、約2000個以内の範囲で突然変異細胞が作られていると考えられています。

免疫力 高める
驚かれましたか?

でも大丈夫!

遺伝子情報に基づいて作られているのに関わらず、突然変異細胞が生成されてしまった場合には、自動的にやっつけてくれる機能が、備わっています。

それが… 免疫機能。

免疫力が働くと、突然変異細胞を一つ残らず攻撃(キラーT細胞により)して死滅させてくれますが、もしも?免疫力が低下していたり、機能しないとなると…

残ってしまった変異細胞が倍々ゲームで増殖するわけです。

一般的に変異細胞が約10億個程度の規模になると、X腺写真や超音波検査等で発見されるといわれています。

ですので、変異細胞が生まれた時点で攻撃するということが、とても重要になるというわけですね。

がんに強い体になるには、免疫力をアップしなければいけないということが言われたりしますが、これでお解かりいただけましたか?