ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

アレルギー疾患の代表

アトピー性皮膚炎といえば、アレルギー疾患の中でも、原因の特定が難しいということと、場合によっては症状が重く、体全体に症状が現れることもあります。

また、有効な治療法が確立されていないといわれています。

免疫力 高める
アトピーのように皮膚が炎症を起こす理由の一つとして・・・

“自分の免疫が敵ではない自分の細胞・組織(皮膚)を攻撃してしまう”
ことで起こっていると考えられています。

また、なぜこのように自分自身を攻撃してしまうのかも、完全には解明されていません。

自分の免疫が、自分の細胞・組織を攻撃する仕組みについては「自己免疫疾患について」でも触れていますが、「なぜ?」という部分については、完全には解明されていないというのが現状です。

では、アレルギー疾患の中でも治療が難しいといわれているアトピー性皮膚炎について見てみましょう。

まずアトピー性皮膚炎かどうかを調べる場合に、遺伝的なものなのか、体質的なものなのかなど、総合的に見る必要があります。

一般的に血中に含まれるIgEの数値、もしくはIgE抗体を測定したりしますが、仮に血液検査で特異的IgE抗体が陽性と判定されたとしても、絶対的なものではなく、あくまでも参考数値でしかないというのが現状。

このように、原因を一つに特定できないという難しさが、治療を難しくしているといえます。

また、色々なものに過剰反応してしまう悪循環に陥ってしまうと、ダニ・カビ・菌・ハウスダストなど、新たな物質をアレルゲンとして症状が悪化することも少なくありません。

アトピー性皮膚炎の場合は、それぞれが原因となる可能性があることから、悪化因子の可能性の1つとして考えることが大切といえます。

専門医に相談、そして適切な処置・治療を継続する中で、少しでも症状を軽くすることが大切ですね。