ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギーの治療

食物アレルギーの治療は、まずアレルゲンの特定から始まります。それについては「食物アレルギーの検査」の項で詳しく書きました。

それを前提として治療に当たるわけですが、まず素人判断で治療行為を行うべきではないのは言うまでもありません。専門の医師でも迷うことが珍しくないそうですので、我々一般人が勝手に判断しますと、危険のないものを除去して危険なものを食べてしまったり、または子供に食べさせてしまったりということが起きるからです。

さて、食物アレルギーの治療ですが、2種類の方法をあわせて進めていきます。食事療法と薬物療法ですね。

食事療法では、アレルゲンとなる食材を除去した「除去食」を用いることになります。同時に「回転食」といって、アレルゲン以外の様々な食材をまんべんなく食べる(回転させる)ことも大事になってきます。食事の偏りは新たなアレルギーを生む原因ともなりますので。

また除去食では、医師の指導に基づいて、最小限の除去にすることが大切です。大人の食物アレルギーもそうですが、特に子供の場合は成長に関わることですので大事ですね。それとともに、除去した食材を補うためにも、同様の栄養成分を含んだ食品を取り入れるようにします。

子供の食物アレルギーの場合は、子供が勝手に原因となる食品を食べてしまわないよう、どんな食品にアレルゲンが含まれるのかをしっかり教えておかなければならないですね。

同時に薬物療法もすすめるのですが、これは補助的な位置づけとなります。食物アレルギー治療の薬としては、抗ヒスタミン薬やインタール(クロモグリク酸ナトリウム)といったものが使用されます。