ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギーとエピペン使用方法

食物アレルギーの症状で最も怖いのがアナフィラキシー・ショックです。命に関わる症状ですね。
このアナフィラキシー・ショックによる深刻な結果を避けるために、2003年に蜂の刺し傷による症状への対応として認可され、2006年から食物アレルギーへの使用もできるようになったのが「エピペン(EPIPEN)」です。
輸入販売元はマイラン製薬株式会社となっています。

エピペンの成分はアドレナリンなのですが、アドレナリンは気管支の拡張や心機能の向上といった効果を持っているので、アナフィラキシー・ショックの際の呼吸困難や血圧低下に対応できるわけです。

エピペンは薬局に行けば誰でも購入できるというものではなく、アレルギーによる重篤な症状の経験者や、林業関係者、蜂に刺された経験のある人が、医師の診断を受け、処方箋を書いてもらってはじめて購入できるというものです。

使用に関しては、医師や救命救急士だけでなく、本人と保護者、そして学校の教職員も認められています。

次にエピペンの使用方法、使い方について見てみましょう。

エピペンというのは要するに、アドレナリンを簡単に注射できるように工夫した道具です。使用限度は、体重1キログラムにつき0.01ミリグラムとなっていますがエピペンには0.3ミリグラムと0.15ミリグラムのものがあります。

アナフィラキシーショックなど重篤なアレルギー症状が出た場合は、少しでも早くエピペンを使用しなければなりません。もちろんそれで終わりではなく、すぐに医師の診断を仰ぎます。

エピペンの使用方法は簡単です。取扱説明書と練習用のエピペントレーナーもついています。

まずケースから出して、黒いほうを下にしてしっかりと握り締めます。次に黒い方と反対側の端にある灰色の安全キャップを外します。そのあと、太もも外側の前よりに、エピペンの黒い方を垂直に押し付けます。急いでいる時はズボンの上からでもかまいません。このとき針が出てアドレナリンが注射されます。そのまま数秒待ってエピペンを抜き、注射箇所を少しもみます。

エピペンの先端に針が飛び出していたら、注射されたという証拠です。そのまま捨てるのではなく、元のケースにしまい、処方してくれた医師に提出します。普通に捨てると危険ですので。