ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギーの検査方法

食物アレルギーの疑いがある場合、自分で判断するのは困難といえます。場合によっては明白にわかることもありますけど、専門の医師でも判断に迷う場合というのが珍しくないそうです。

だから食物アレルギーの疑いがある場合は自分で判断せず、医師の診断を仰ぐべきだといえるでしょう。

さて、それでは実際どんな検査が行われるのでしょうか?

まずは問診ですね。食生活や症状、また近親者にアレルギーの人はいないかとか、どんな環境で暮しているかとか聞かれるわけです。
それから実際の症状を診察します。

そして食物アレルギー検査ですが、検査方法には数種類あります。
大きく分ければ血液検査と皮膚検査があり、血液検査のほうが高額なわりに結果が分かりにくいという話もあります。

血液検査では、特異的IgE抗体検査とヒスタミン遊離試験があります。前者はアレルゲンに反応するIgE抗体の量を検査し、後者は血液中の好塩基球にアレルゲンを加えてどれくらいヒスタミンが遊離してくるかを検査します。

それに比べると皮膚検査の方は簡単でわかりやすいようです。プリックテスととかスクラッチテストと呼ばれる検査法がありまして、どちらも皮膚に軽い傷をつけ、薬剤をたらして反応を見ます。
皮膚検査でも皮内検査の場合は注射で皮下にアレルゲンを入れるので、検査を受ける方としてはちょっと嫌かもしれません。

その後、環境調整やスキンケアを行いつつ食事日記もつけてもらって様子を見、食物アレルギーの疑いが強いとなれば食物除去試験や食物負荷試験を行って原因になる食品を特定していきます。

食物除去試験方は理解しやすいですけど食物負荷試験の方はちょっとイメージできないかもしれません。これは怪しい食品を少量食べてもらって反応を見る検査方法で、症状が重篤な場合は選択されません。