ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギー対策 除去食の注意点

食物アレルギー対策として必ず採られる手段が、食事を除去食にすることですね。しかしこの除去食、ただ怪しい食材を取り除いて食べればよいというものではありません。

それではいったいどんなことに注意すればよいのでしょうか?

まずもっとも基本的なこととして、除去すべきアレルゲンを勝手に判断しないということが挙げられます。食物アレルギーの診断は専門医でも難しいことがあるようですので我々一般人にはなおさらですね。関係ない食品を除去して、危険なものを除去していないということもあるわけです。

そして以上のこととも関係ありますが、必要以上に食品を除去してしまわないことも大事ですね。これも自分勝手に判断してしまうと、行き過ぎた除去食が出来上がってしまって、食物アレルギー対策にはなったけど今度は栄養不足で病気になった、というのでは悪い冗談になってしまいます。

特に除去食を食べるのが子供の場合は注意しなければなりませんね。栄養バランスは心身の成長に関わりますので。

そしてさらにこれと関連して、食物アレルギー対策としてある食品を除去した場合は、除去した食品に含まれている栄養分をなるべく他の食品で取れるように工夫しなければならないということです。除去する食品によって難易度が変わってくるでしょう。
ちなみに私の場合はキウイフルーツですので食べなくても何も困りませんけど・・・。

また、除去食だけでなく回転食といって、いろいろな食材を満遍なく食べるようにすること(回転させること)が大事です。食が偏りますと、新たなアレルギーも出やすくなるといわれていますので。