ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギーの予防

食物アレルギーの予防といっても、アレルギー自体出ないように体質や生活環境を改善するという意味での予防と、一度出てしまったアレルギー症状を出ないようにするという予防法に分けられますね。

後者の意味での食物アレルギーの予防法は、除去食が基本になるでしょう。また食物依存性運動誘発アナフィラキシーを避けるためにも、食事の直後は激しい運動を避けるというのも大事ですね。

さて、前者の意味での、体質及び生活環境管理としての予防法を見ていきましょう。

体質から考えた場合、食物アレルギーに限った話ではなくなります。アレルギー体質にならない、またはアレルギー体質を改善する、という方針をとりますが、これは花粉症にもアトピー性皮膚炎にも化学物質やハウスダストへのアレルギーにも共通することですね。

まずは何にでも共通する基本的な健康法は守るべきでしょう。つまり食生活の見直しと運動不足の解消ですね。偏った食事はアレルギーを起こしやすくなると言いますし、運動不足によって体が弱ってもアレルギーの誘引となるようです。ただ、上述したように激しい運動は避けたほうがよいでしょう。

それから清潔さに対してあまり神経質にならないことも大事です。人体が雑菌などの異物の極度に少ない環境に置かれると、免疫システムが正常に働かなくなると言います。そのせいで本来なら反応しなくてもよい物質に過剰反応してしまう=アレルギー症状ということになるわけですね。

生活環境としてはもちろん、屋内環境としては化学物質が少ない家がよいですし、ハウスダストを出さない工夫も必要になります。

猫などのペットもアレルゲンになってしまうことがありますが・・・こればかりは好きな人はどうにもならないでしょうから、せめてペットが清潔でいられるよう気を使うしかないですね。