ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギー 大人は治療できない?

食物アレルギーを年齢別にみるとどの年齢が多いと思いますか?
これはすぐに推測できると思いますけど、やっぱり乳幼児に多いのですね。特に0歳児が多く次が1歳児となっています。卵や乳製品に対して食物アレルギーが出ることが多いようです。やはり生まれたばかりなので、いろいろな物質に対して耐性が出来上がっていないということでしょう。

だから乳幼児の食物アレルギーは、一種の通過儀礼と考えてもよいかもしれません。それほど慌てふためくことでもなく、ありふれたことなんだと思っていた方が気が楽です。

実際、9割くらいは小学生になるまでに自然に治ってしまいます。
といって何も対策が必要ないという意味ではありませんよ。

心配すべきは乳幼児の食物アレルギーではなく、大人の食物アレルギーですね。

厚生労働省によると、大人の場合は、乳幼児と違い、えび・かに等の甲殻類や魚類、果物や小麦による食物アレルギーが多いようです。
そして大人の場合は自然に治ってしまうということが期待できません。成長するにつれて耐性を獲得するというわけには行きませんので。

つまり子供に比べて大人の食物アレルギーは治る見込みが薄いということになります。

だから除去食や薬物療法などを根気よく続けていくことになりますが・・・絶対治らないというわけでもないですので諦めてはいけません。医師の指導をしっかり守って、食事療法や薬物療法などの治療を粘り強く続けていくべきでしょう。