ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギーの種類

食物アレルギーの種類は食品ごとに分けてみることもできますけど、いつ症状が発症するかによっても分類することができます。

食物アレルギーの症状の出方、その速さによって大きく2種類に分けることができます。つまり「即時型食物アレルギー」と「非即時型(遅発型・遅延型)食物アレルギーですね。

これら2つの種類のうち、注目されやすいのはもちろん即時型のほうです。これは、原因物質(アレルゲン)になる食品を食べて2時間以内にアレルギー症状が出るため分かりやすいからです。食事をして2時間以内に皮膚に異常、つまり蕁麻疹や湿疹が出たり、消化器に異常、下痢などが見られたり、呼吸器に異常、つまり咳や呼吸困難が発症したりということですね。
また、アナフィラキシーショックという生命に関わる症状も即時型食物アレルギーに含まれます。

即時型食物アレルギー発症のメカニズムとしましては、まず、原因となる食品に含まれる物質(アレルゲン)が免疫グロブリンE(IgE抗体)と結びつき、このカップルが体内各所のマスト細胞(肥満細胞)と出会うことでマスト細胞が興奮(嫉妬?)してヒスタミンやロイコトリエンという過剰に分泌されれば細胞を荒らす物質を放出することで、アレルギーの症状が出ます。

先のカップルが皮膚にたどり着いてその部分のマスト細胞が興奮すれば蕁麻疹や湿疹が出、腸にたどり着いて・・・と後はパターンは同じです。

これに対して、非即時型食物アレルギーには、IgE抗体は関わっていないようです。非即時型の場合、アレルギー症状が出るのは食事から2時間以上後ということになりますので、食事との関連性が認識できず、食物アレルギーであると気づきにくいという特徴があります。