ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギーと給食

子供の食物アレルギーで心配になるのは給食に関してですよね。学校側はどんな対応を取ってくれるのか心配です。自分の子どもが食物アレルギーの症状を持っているなら、学校と話し合ってみる必要もあるでしょう。

さて、模範的な学校の、食物アレルギーと給食への取り組みをみてみましょう。

まずいちばんの基本としまして、給食の献立とその成分表示を保護者に渡してくれるはずです。これがなければ親としても対応のしようがなく、給食はやめて全部お弁当にするということになります。

さて、学校が給食に関して食物アレルギーへ対応してくれる条件としては、まず、その子供が医師の診断を受け、アレルゲンを特定した上で食事療法の指示も受けていることが必要です。これなくして食物アレルギーへの対応はありえませんよね。なにをアレルギーかどうかもわからない、原因が何かもわからないでは・・・

その上で、学校は様々な対応をとってくれます。

まずは食物アレルギーが軽度であり、かつアレルゲンを容易に取り除けるという場合は、子供自身がアレルゲンとなる食品を除去する、ということもあります。この場合学校の先生は、好き嫌いで除去しているのではないことを他の子供にもわからせる必要があります。

また、学校側でアレルゲンになる食品や食材を除去できる場合もあります。除去食ですね。これも原因物質の数が少なく、かつ容易に除去できる場合に限ります。

除去が難しい場合は代替食ということになります。食物アレルギーを持つ子供には、アレルゲンを含まない献立を出すということですね。

除去食や代替食など、学校側で給食への工夫が不可能な場合はお弁当持参ということになります。ただこれも、献立と成分表示を見て、アレルゲンを含む食品が出る日だけお弁当にしたりといった柔軟な対応が可能です。
その場合はもちろん給食費は安くなりますし、全部お弁当であれば給食費は払わないでいいことになります。