ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

乳児と子供の食物アレルギーは治る?

食物アレルギーというのは子供から大人までその症状が見られるのですけど、年齢的にみますと、1歳未満の乳児が最も食物アレルギーが多いようです。
生まれたばかりで、いろいろな物質に対する耐性を獲得していないことを鑑みれば納得できます。

さて、この乳児の食物アレルギーですが、卵や牛乳・小麦などが主な原因物質・アレルゲンとなっているようです。この時期は離乳食を食べさせなければならないのですけど、離乳食にアレルゲンが含まれていないか気を使ってしまいます。

ですが、乳児を持つ親にとって気の休まるデータとして、乳児のころに発症した食物アレルギーは、ほとんどの場合(9割近く)小学校に入学するまでに治ってしまうということです。

これは子供の自然な成長として、いろいろな物質に対する耐性を獲得していくからだと考えられます。このことをアウトグロー(自然寛解)といいます。

しかし食物アレルギーを起こす食品の中には、上述した卵・牛乳・小麦と違って、アウトグローしにくいものもあります。たとえば、えび・かに等の甲殻類とか、魚介類、果物など、また蕎麦とかピーナッツ、ゴマなどもそうなのですが、こういう食品は大人になっても耐性を獲得できずにアレルギーが改善されないということが多いようです。

ただそれでも、乳児のころに発症した場合は成長に応じて耐性を獲得していくこともあるようですので諦める必要はありません。子供の食物アレルギーというとかわいそうな気がしますけど、でも実際深刻なのは大人の食物アレルギーの方なんですね。