ようこそ! 「免疫の基礎知識と免疫力を高める方法:シリーズ病気Q&A」へ

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの症状は全身に出るといっていいでしょう。
私のキウイ・アレルギーの場合はまず口の中の違和感から始まって、のどの痛みへと広がり、その後、激しい腹痛と下痢、すなわち消化器に症状が出たものでした。もちろん食物アレルギーの症状はそれだけではありません。
消化器にアレルギー症状が出れば、上述したもの以外に吐き気や嘔吐もあります。

皮膚や粘膜に症状が出た場合は、皮膚のかゆみや湿疹、蕁麻疹などがでることがあります。アトピー性皮膚炎になることもあります。
またアレルギー性の結膜炎になることもありますし、結膜炎まで行かなくとも目が痒い、涙が止まらないといった症状も出ます。

粘膜の中でも呼吸器にアレルギー症状が出る場合は、口の中やのどの痛み、それからアレルギー性鼻炎の症状、つまり鼻水やくしゃみですね、そういったものや、喘息的な症状、咳とか呼吸困難などもあります。

最も怖い症状はアナフィラキシー・ショックと呼ばれるものです。多くのアレルギー症状の中で、もっとも命の危険が大きい症状ですね。これは全身性の症状で、皮膚や手足などのしびれ、吐き気や腹痛などから始まって、次第に嘔吐やめまいなどが起こるようになり、酷くなれば呼吸困難や意識障害などが出てきます。こうなると非常に危険な状態といえます。

アレルギー症状には上述のようにいろいろなものがありますので、アレルギー以外の症状と見分けられないところが厄介です。単なる腹痛か、風邪かと思ってしまいそうではありませんか? 特に症状が出たのが赤ちゃんや乳幼児の場合は、大事をとって医師の診断を仰いだ方がよいでしょう。